葉酸 サプリ 摂取

妊娠中不足しがちな葉酸はサプリで摂取しよう

子供が欲しい女性

妊娠中に積極的に摂取したい葉酸という栄養素をご存知ですか。

 

名前を聞いたことがあるけれども、よくわからないという方も多いかもしれません。

 

葉酸は赤ちゃんの脳や神経を作るのにとても大切な役割を果たす栄養素で、妊娠初期にもっとも必要な栄養素です。

 

ここでは、葉酸の摂取について紹介します。

 

 

葉酸は、名前のとおり葉物の野菜に多く含まれている栄養素で、ほうれん草、いちご、ブロッコリーやアスパラガスなどに含まれています。

 

妊娠していない時は一日あたり240μgの摂取を推奨されていますが、妊娠中には一日あたり400μgの摂取が薦められています。

 

しかし、これだけの量を食事だけで摂取しようとすると、ほうれん草だと約7束、ブロッコリーだと約8房、アスパラガスだと約11本、いちごだと約30粒とかなりたくさんの量を食べなければなりません。

 

妊娠していない時でも、食生活の欧米化などから食事だけでは不足しがちなこの栄養素を、つわりがひどい妊娠初期に食事から摂るのはとても大変です。

 

また、葉酸は熱に弱く、水に溶けやすい栄養素であるため調理中に50%近くが分解されてしまいます。

 

そのため、一日の必要摂取量を十分に摂取するためにうまく利用したいのが葉酸サプリです。

 

市販されているサプリは、妊娠中に必要な葉酸を含んでいるものが多いです。

 

そのため、つわりで食事が十分に取れない場合は、サプリから摂取するとよいでしょう。

 

気をつけたいのは過剰摂取ですが、一日1000μgを超えるような摂取をしなければ大丈夫です。

 

これは、サプリを2日分や3日分まとめて摂取したときの量ですので、普通に食事をして、足りない分をサプリで摂取する分には心配しなくて大丈夫です。