葉酸サプリ 摂取

妊娠初期の葉酸サプリの摂取の必要性

葉酸の必要性を説明する看護師

妊娠初期の葉酸サプリの必要性に関しては厚生労働省が認めていて、胎児の健康を守るためには必要不可欠な栄養素の葉酸です。

 

実際には調理の過程で熱を加えると破壊されてしまうので、体に吸収される量が極僅かになってしまうのが問題で、そのためにサプリメントなどを摂取することで不足している分を補うように呼びかけられています。

 

妊娠の初期はつわりなどで食欲が出ない時期もあるので、定期的に葉酸を摂取するのが難しいので、確実に摂取するためにサプリメントが推奨されています。

 

 

葉酸サプリで栄養分の補給を!

 

妊婦のための葉酸サプリにはサポート成分としてビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、栄養不足になるのを防ぐことができます。

 

日頃から食事に気をつけていて、野菜や果物を積極的に食べていてもタバコやアルコールの摂取によって栄養素が不足してしまうので、バランスの取れた食事と禁煙、禁酒などをセットにしないと健康な赤ちゃんを産むことが難しくなります。

 

葉酸不足で起きるとされている神経管閉鎖障害は先天性の病気で、下半身の運動障害や直腸機能の障害が起きるもので、妊娠中の葉酸の不足が主な原因とされています。

 

しかしこの病気は全てが葉酸不足から起きるものではないので、100%リスクを回避するものではありません。

 

しかし葉酸サプリなどで十分に摂取しておくとある程度予防をすることができるので、妊娠している女性は栄養バランスのとれた食事とサプリメントの摂取によって先天性の病気のリスクを下げることができます。

 

葉酸を多く含んでいる食品としてはほうれん草や豆類、レバーなどがありますが、これらをなるべく加熱しない状態で食べないと葉酸が壊れるので、サプリメント以外での摂取が難しいとされています。